浴室とキッチン

浴室リフォームについて思うこと

浴室リフォームについて思うことは、やはりこれはいろいろ出てきます。やはり、水回りでありながら湯気などで湿っておりカビの原因にもなりかねないからですので、ここは通気の良い通りにしてまた水気を完全に防水しないとなりません。
それにこれは古い家などに多いのですが、浴室と浴槽が極端に温度の激しい場合、例えば温かいところから寒いところまであり気温の激しい場合は心臓によくありません。
特にお年寄りなどが倒れこむことも多く、気温差をなくしていくような浴室リフォームすることが今では重要視されているのです。また、特に滑りやすい場所でもありますので、段差をなくしたり手すりなどをつけているような浴室リフォームも出てきています。
お年寄りなどや体が悪くなった場合は、このような歩行を助けるものがつけているだけで安心ですし、また足腰が弱っているお年寄りには何よりも支えになるからですね。
裸で過ごすので、やはり転んだりすると大変ですし、怪我のもとにもなりかねません、浴室リフォームは安全面を考えて、そして体が悪い人用にも考えて作りなおすのがもっとも良いものだと思います。
それにお風呂こそ一日の疲れが取れるところですから、どのような人もくつろいで過ごしてほしい場所ではないかと思います。

浴室リフォームで快適さが数段アップ!

家を建てて大阪の枚方市に建てて早いもので15年が経ちまして、いよいよ浴室の給湯設備にガタがきはじめたので、思い切って浴室リフォームを住んでいる枚方市を中心に活動されている業者「おうちカンパニー」さんに依頼する事にしました。
今では省エネしながら一度にたっぷりお湯がわかせる「エコジョーズ」というものがあり、迷わず選択しました。ガス給湯器はバーナーで温められた給湯器内の管に水を通す事で、お湯を沸かしているシステムとのこと。これまでの給湯器では、排気熱を捨てていましたが、このエコジョーズはこれを有効活用できます。通常より少ないエネルギーと時間で給湯ができるようになったので、ガス代の大幅な節約につながりました。
浴室リフォームを行ったことで年間のランニングコストの試算では、約2万円もオトクになるという事で、今から期待しています。給湯器と同時に、水栓設備も交換。いつも通りの使い方で無駄を減らす事ができるタイプをチョイスしました。
さらに、サーモスタットシャワー水栓という、シャワーの浴び心地がアップするものに交換した事で、こちらも年間水道代&ガス代合わせて約1万5千円ほどオトクになるとこと。これは、水に空気を含ませる事で、一粒一粒を大粒化して、節水を実現しているからくり。たっぷりの浴び心地で疲れたからだと心をいやしてくれます。
最後に、この浴室リフォームで一番注力したが、気泡の水流でじんわり体を温める「マイクロバブル浴」という設備です。細かな気泡が肌を包み込むので、温浴効果を保ってくれる優れものです。体の芯までしっかり温めるので、汗をかきたいときもおすすめです。

満足のいく浴室リフォームをしました

私は先日、浴室リフォームしました。その理由は、私は浴室が汚くなってきているのに気付いたからです。そして、汚くなってきた浴室で、私は満足できなかくなったので、浴室リフォームをしようと思ったのです。
そして、私は浴室リフォームする決心をしました。浴室リフォームする際には私はどのようなことを考えていたのかということですが、まず最初にいろいろなリフォーム会社に話を聞いてみました。私は、リフォーム会社はどこがいいのかという情報を知らなかったので、自分で集めることにしました。そのためには、自分から積極的にリフォーム会社に連絡をしてから、浴室リフォームしてもらったらどれくらいか刈るのか見積もりを取っていきました。
やはり、見積りをとっておくことで 、どれくらいのお金がかかるのか分かるので安心できます。それから後々見積もりを取っておくことで、トラブルになりにくいので、私は見積もりを取っておきました。
そして、いろいろな会社から見積もりを取ってから、安くて対応の良い枚方市にある浴室リフォーム会社「おうちカンパニー」さんを選びました。その会社は、とてもリフォームの実績があったので信頼してから、仕事を依頼できました。そのおかげで満足できるような浴室リフォームをしてもらいました。

new article

高齢者がいるので浴室をリフォームしました

大阪の枚方市にある、うちは築40年以上の古い住宅に住んでおり、建て替えが必要なくらい老朽化が進んでいますが、費用の問題から少しずつ浴室リフォームすることにしました。うちの親はもう高齢で足腰が弱く、特に古い浴室に問題がありました。タイルは滑りやすく転倒する危険がありますし、浴槽が高いのでつまずく心配もあります。それで浴室リフォームした理由でもあります。まず、滑りやすかったタイルを滑らない床材に変更したら掃…

黒いソファのある部屋

浴室リフォームで自分仕様に替えました

大阪の枚方に購入したマンションの浴室が、最近では珍しいバランス釜仕様で浴槽が狭く、おまけに浴室のドアが木製の内開きの為、実に入りづらいので自分仕様に浴室リフォームしました。ドアはアコーディオン方式に、浴槽は給湯器を外に出してスペースを確保し、浴室の幅ギリギリで高さの低い浴槽に交換しました。本当はシャワーも壁付けの肩から浴びれるタイプの仕様に替えたかったのですが、料金が結構高かったのでそれは残念ですが止めました。…

階段のある部屋

お風呂が寒いと感じたら浴室リフォームの時期かも

お風呂での死亡事故で非常に多いヒートショック。これは脱衣所の温度と浴室の温度が極端に違う場合に起こる症状です。そのため、お年寄りがいる家庭は特に、お風呂が寒いと感じたら、浴室リフォームのタイミングかもしれません。昔ながらのお風呂の場合、壁がタイル貼りであることが多く、床すらもタイルの場合があります。タイルは冷たくなりやすいため外気が寒い冬場などは、浴室内が極端に寒くなってしまいます。しかし、今主…

ダイニング

浴室リフォームを決める前に知って欲しい事

中高年では、浴室リフォームを機に、あえて小さいサイズのユニットバスを選ぶ方がおられます。1616サイズから1612サイズへの変更などです。理由を尋ねると、子供と一緒に入浴する時期は終わったから、広くても寒いだけだから、浴槽が短い方が溺れにくいからといったものでした。ぜひ最新のユニットバスを知って、浴室リフォームを考え直してもらいたいです。ユニットバス周囲への断熱材充填による断熱性能アップや換気扇…

リビング

Copyright © 2016 満足のいく浴室リフォームを行えば、快適さが数段アップします! All Rights Reserved.